ゆう

勉強したことを綴ります。参考にしていただけたら・・・

脳 ①脳と人間-1

こんにちは

 

最近、脳科学として知られております茂木健一郎先生の本を書店でふと立ち読みしました。

すると・・・・

 

脳科学かぁ おもしろそうだなぁ

 

と思いましたので、脳について勉強をしていきたいと思います

 

 

学校の図書館でたまたま見かけましたので、

時実利彦さん著 脳と人間 (雷鳥社) 

https://www.amazon.co.jp/脳と人間-時実-利彦/dp/4844100823

という本をつかって

①脳と人間 というタイトルのもと、人間の脳についてまずはさらーっと勉強を進めていきます

 

人間の特徴

人間の特徴とは何でしょうか?

わたしたちは、イヌやネコそしてはたまた人工知能と何が違うのでしょうか??

 

脳の重さと知能にはある一定の相関があることはわかっているそうです。

ネズミやウサギよりも当然ヒトの方が脳は重い。

しかし、ヒトが脳の重さNO.1 というわけではありません。

脳の重さNO.1はなんとマッコウクジラであるそうです。

ですから正確には、体重との比が知能と関係するというわけです。

しかしこの理論でヒトが比率NO.1かといえばそういうわけではないようです。

ネズミなどの方が比率は大きい。

 

ますます疑問になってきましたね。

ヒトの脳はなぜヒトを人間たらしめるのか。。。。???

 

脳細胞

この答えを説明するうえで非常に重要な言葉が 脳細胞 というワードです

 

ヒトの大脳をとりまく皮質には

大脳新皮質 そして 古い皮質(大脳辺編皮質) という2つの皮質があることをご存知でしょうか?????

 

実は、これらのワードがこの疑問を解決する上で非常に大切なポイントみたいです。

 

続きはまた明日更新致します。